日本テレワーク協会は、テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与して参ります。

セミナー等のご案内

第13回テレワーク推進賞~多様な働き方により個人が活きる社会を目指して~募集開始!

2012/09/05

募集要項

ビジネス機会の創出、雇用機会の拡大、地域活性化、災害時の事業継続性の確保など、日本の社会を取巻く環境が急激に変わりつつある中で、企業の組織や仕組み、就業者の働き方等も大きく変わりつつあります。
とりわけ情報通信技術等が大きな進展に伴って、ICT(情報通信技術)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方である「テレワーク」を導入する企業や個人が年々増加しつつあることは、国土交通省が行った「テレワーク人口実態調査」などからも明確になっています。
そのような中で、社団法人日本テレワーク協会ではテレワークの普及促進活動の一環として、「テレワーク推進賞」を開催し、テレワークを導入・活用した、またはテレワークの普及に貢献した企業・団体等を表彰いたします。

1.募集対象

テレワークを導入・活用または普及に貢献している企業・団体

2.募集内容

◎以下の2点のうちのいずれか1点で応募頂きます。
  ①テレワークの導入・活用の実践事例
  ②テレワークの普及に貢献した実践事例

◎「テレワークの主たる目的」については以下より1点のみお選びくださ い。
  ①テレワークによる経営効率の向上及び改善
  ②テレワークによる雇用継続ならびに創出
  ③テレワークによる節電の実践及び環境負荷の軽減
  ④テレワークによる地域活性化
  ⑤テレワークによるワークライフバランスの向上
  ⑥テレワークの普及啓発貢献
  ⑦テレワークを利用したSOHO及び自営型テレワーカーの育成や支援
  ⑧テレワークによる事業の継続性の確保
  ⑨テレワークのためのソリューションの開発や活用
 

3.表彰内容

 「審査委員会」の審査により「テレワーク推進賞」として次の表彰を行います。
  ○「日本テレワーク協会 会長賞」
  ○「優秀賞」
  ○「奨励賞」
  ○「特別賞」

4.募集期間

 2012年9月7日(金)~2012年10月24日(水) 必着

5.応募方法

所定の応募書類を作成のうえ、社団法人日本テレワーク協会「テレワーク推進賞」事務局までメールにて提出して下さい。 

 ◆応募書類
  ①「エントリーシート」 (書式1)
  ②「実践内容」     (書式2)
 ◆提出先
  E-mail:sss12@japan-telework.or.jp

●「エントリーシート」(書式1)、「実践内容」(書式2)により審査を実施させていただきます。
 なお、パンフレット、内部資料、写真等、実施内容を補足する参考資料の添付は可とします。また、必要に応じて審査委員および事務局よりヒアリングを行わせていただく場合があります。
●過去に受賞された企業・団体が応募される場合は、受賞時からの改善あるいは進展した部分を詳述して下さい。
●応募内容については、表彰式のほかテレワーク普及促進の実践事例として活用(協会ホームページ掲載等)させていただきますので予めご了承下さい。
●テレワークを実践するに際し活用したソリューションなどにおいて協力会社等があれば協力内容も含めご記入いただくとともに、併せて実践事例として利用(協会ホームページ掲載等)させていただきます。予め協力会社等にご了承いただくようお願いたします。
●応募書類は返却いたしませんのでご了承下さい。

6.入賞発表および表彰式

 ①日本テレワーク協会から入賞者への通知により発表に替えさせていただきます。
 ②入賞者につきましては、表彰式において表彰を行います。

 【表彰式開催(予定)】
  日時:2013年2月1日(金)13:30~17:00
  場所:メルパルク東京
〒105-8582 東京都港区芝公園2-5-20
【TEL】03-3433-7211 【FAX】 03-3433-3895    
 URL:http://www.mielparque.jp/tokyo/

7.問い合わせ先

 社団法人日本テレワーク協会「テレワーク推進賞」事務局
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-11 東京YWCA会館
 TEL:03-5577-4572  FAX:03-5577-4582
 E-mail:sss12@japan-telework.or.jp
 URL:http://www.japan-telework.or.jp

第12回テレワーク推進賞受賞の皆様

 

セミナー等のご案内

 

 

このページのトップへ戻る