日本テレワーク協会は、テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与して参ります。

報道記事等の新着情報

「テレワーク推進賞」授賞式 会長賞2社を含む計18社が受賞」(SankeiBiz 2月10日(月))

2014/02/10

日本テレワーク協会が主催する「第14回テレワーク推進賞」の授賞式が7日、メルパルク東京で行われた。最高賞である会長賞にはシスコシステムズ合同会社とクラウドワークスが輝いた。シスコシステムズは全社員が日常的にテレワークを実践し、ワークスタイル変革を図ると同時に、独自の指標を用いて生産性向上貢献度を算出、効果を明確化している点が評価され、クラウドワークスはクラウドソーシング事業を通してテレワークの普及に広く貢献している点が評価された。

 テレワーク協会の宇治則孝会長は「政府の世界最先端IT国家創造宣言の中でもテレワーク普及のための具体的目標値が盛り込まれるなど後押しもある。普及には課題も多いが受賞事例にはそれをブレークスルーできているものばかり」とあいさつした。会長賞2社を含む計18社が受賞、盾が主催者より贈られた。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/140210/bsj1402100618004-n1.htm

 

報道記事等の新着情報

 

 

このページのトップへ戻る