日本テレワーク協会は、テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与して参ります。

報道記事等の新着情報

タブレットで直行直帰もコクヨがクラウドで勤務多様化(2012/11/30付 日経電子版)

2012/12/03

コクヨはクラウドを活用した従業員の働き方改革に乗り出す。
来年中にまずタブレット(多機能携帯端末)を1000台、スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)を3000台導入するなど情報インフラを刷新。自社専用交流サイト(SNS)で情報を共有化し、会議はタブレットで社外から参加できるよう改め、出勤しない直行直帰スタイルや在宅勤務への転換を図るとのことです。
国内外で働く6000人のメールシステムをスケジュール管理などをクラウドで行う「グーグルアップス」に切り替え、ペーパーレス化も推進し、脱パソコン化を進め、情報端末刷新時にパソコンをまず1000台減らし、タブレットを利用したウェブ会議に変更し、営業担当者らが外出先から参加できる体制に改めるとのこと。今後、在宅勤務も可能になるなど働き方が変わるため、人事・労務管理制度も見直すとのことです。

 

報道記事等の新着情報

 

 

このページのトップへ戻る