日本テレワーク協会は、テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与して参ります。

お知らせ

平成29年度「テレワーク川柳」公募のご案内

2017/11/01

  「働き方改革」の手段として注目される「テレワーク」について、会社のみならず家庭や社会においても、その理解を深め、より一層身近な働き方として普及促進していくために、今年度も「テレワーク川柳」を公募致します。
是非多くの方々のご応募をお待ちしております。

1.内容  「テレワーク川柳」
     
2.主催  ライフコース多様化とテレワーク部会(一般社団法人日本テレワーク協会)
       (部会長:株式会社NTTデータ 北村有紀
        アドバイザー:一般社団法人国際女性振興会理事 佐藤百合子)

3.テーマ テレワーク全般(在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス、他)
    <参考>昨年度グランプリ作品
     「埋もれてた 才能ワクワク テレワーク」
     昨年度の審査結果(入賞・佳作作品等)につきましては、以下のサイトをご参照願います。
     http://www.japan-telework.or.jp/oshirase/117.html

4.応募  公募期間:平成29年11月1日~11月30日
       応募方法:「テレワーク川柳」申込フォームより(以下、URL)
   https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=qco-lbkcqe-052c65ce4661176798092287dbb3d987

5.入選  グランプリ賞:1作品(トロフィー、賞状)
       入選:10作品程度(賞状)

6.審査  審査委員長:佐藤 百合子(部会アドバイザー)
       審査員:ライフコース多様化とテレワーク部会メンバー、他      

7.発表  発表内容:作品・ペンネーム
       発表方法:日本テレワーク協会ホームページ、他
       発表日時:2018年2月頃を予定

8.事務局 一般社団法人日本テレワーク協会
       「ライフコース多様化とテレワーク部会」事務局 荒木浩一
        ℡:03-5577-4572 Mail:telework-senryu @japan-telework.or.jp

9.応募に際しての留意点
 (1)審査・発表
  ・川柳は、自作に限ります。
  ・入選作品の著作権は、一般社団法人日本テレワーク協会に帰属します。
  ・応募作品から厳正な審査の上、グランプリ作品と入選作品を決定します。
  ・グランプリ賞・入選作品の発表は、日本テレワーク協会のホームぺージや協会が主催するイベントや
   出版物等でも公開・掲載します。
   またグランプリ賞・入選以外の作品も、日本テレワーク協会のホームページやイベント、出版物等で
   公開・掲載する場合があります。
  ・作品の発表の際は、作品、ペンネームを掲載します。
  ・グランプリ賞にはトロフィーと賞状を、入選には賞状をお送りします。
 (2)注意事項
  ・本キャンペーンは、どなたでもお一人様で何作品でもご応募いただけます。
  ・入選者の住所、転居先、電話番号等が不明でご連絡ができない場合、入選が取り消しになる場合が
   あります。
  ・ご応募に関する必要事項に記入漏れや虚偽の記載があった場合、無効になります。
  ・応募作品は返却致しません。
  ・万が一、盗作の疑義が強い作品等であることが発覚した場合は、 入賞後であっても失格とし受賞を
   取り消しさせていただきます。
  ・賞品の内容、仕様は予告なく変更することがあります。また発送先は日本国内に限らせて頂きます。
  ・ご応募は無料です。ただし、ご応募の際のインターネット接続料および通信費はご自身のご負担と
   なります。
  ・本キャンペーンへの参加は、応募者自らの判断と責任において行うものとし、応募に際して応募者に
   何らかの損害が生じた場合、一般社団法人日本テレワーク協会の故意または重過失に起因するもの
   を除き、その責任は一切負いません。
  ・審査に関する(入選についての)お問い合わせは、受け付けておりません。
  ・個人情報の取り扱いに関しては、一般社団法人日本テレワーク協会のプライバシー・ポリシーに
   準じます。

 

お知らせ

 

 

このページのトップへ戻る